他人には言えない&分からない

私は包茎は気にならないけれど、
仮性包茎でさえコンプレックスを感じて
クリニックで手術する人がいると聞いて驚いている。

 

でもそれも、ムスコのサイズと同じような感覚なのだろう。
皮も大きさも、周りは気にしていないかもしれないが
当人にとっては気にしてしまうととことん気になるものなのだ。

 

 

現に私は、ムスコの小ささを他人に指摘されたことはない。
相方もサイズが不満だとか漏らしたことはない。
なのに、自分が勝手にコンプレックスを感じて
周りがどう思っているのか気になってしまうのだ…。

 

これを治すには、やはりムスコを成長させるしかない。

 

韓国人男性の平均はひと桁台だとか、
生殖機能としては勃起時に10センチあれば充分とか、
安心できる説もあるものの、それだけでは慰めにもならないのだ。

 

とはいえ、手術してまで…という思いがあったので、
私は増大サプリなるものに手を付けることにした。
チントレとサプリで相乗効果を狙ったのだ。
その時に使用したサプリこそがゼファルリンであった。

 

ゼファルリンは1回あたり2錠飲むだけで済むし、
国内産で安全性は保証済みだというし、
なにより販売ページが胡散臭くないのが気に入った。
(この手のサプリは、毒々しい下劣なページが多い)

 

 

しかもゼファルリンは効果が出るまでが
比較的早く、再現性もあるというのが魅力的に写った。

 

論より証拠

ゼファルリンをご存じない方のために
端的にゼファルリンについて解説しようと思う。

 

ゼファルリンの成分は簡単に言うと、
精力剤で有名なもろもろの成分+シトルリン+トリプトファン

 

シトルリンも精力剤にはよく入っている。
血管を広げ、血流量を増やす成分だ。
要するにムスコをふくらませる成分といえよう。

 

 

もう一つのトリプトファンは…謎だった。
トリプトファンは睡眠薬などにも使われる
いわばリラックスするための成分であり
これでムスコが成長するとは到底思えない…。

 

でもこれが最終的には、満足度の上昇につながった。
そして快感が増すほど、ムスコも成長するのだ。
そのメカニズムについては後述しようと思う。

 

とはいえ、私のゼファルリンライフは正直いって
決して順調とは言えなかったと思う。
数ヶ月は効果を実感できなかったからだ。

 

 

だが、半年後長さは2.3センチ伸びていた。
たかが2センチちょいだが、1桁が2桁になっただけで嬉しい。
なにより数字以上に壁に当たった際の快感が大きい。
(生々しい表現は下賎なので遠慮しよう…)

 

順調にすぐ成果が出た人と比べるともどかしい結果だが、
その分効果が無い人がつまづきやすい点は多く体験したので
ゼファルリンで効果が出ない人の一助になれるとは思う。

 

ということで、私とゼファルリンの二人三脚で
歩んできた半年間について、詳細を記させて戴く。
(→のサイドバーから読めます)

 

更新履歴