地味ではあるけれど

以前日本人のペニスの平均サイズを調べたら、
平常時と勃起時で約5cmも違うようでした。

 

普段から短小で悩む私は、どのような仕組みで
そこまで大きくなったり小さくなったりするのかを調べてみました。

 

 

そもそも勃起はペニスにある海綿体という
血液を吸うスポンジのようなものが膨らむことで起こるものです。

 

人のペニスは身体的または心理的な刺激や興奮をすることで
サイクリックGMPという物質が増えて、血管が緩むように働きます。
すると体内から大量の血液が流れ込んでくるので海綿体が大きくなり、勃起するんです。

 

ただしこれだけではまた血液が逆流するので
勃起状態を維持できないので、同時に逆流を防ぐ弁が働くんです。
まあつまり勃起の元は全て血なんです。

 

ゼファルリンを飲むことでシトルリンを摂取できれば血管が拡張されます。
そうすれば結果的に勃起時の大きさが変化してもおかしくないですよね。
血管が太くなって血流が増えればそれだけ多くの血がペニスに流入しますからね。

 

それを知って更にゼファルリンの効果を信頼するようになりました。
一応恥ずかしいので初期のムスコのサイズは控えさせていただきますが、
飲み始める前に測った長さよりも勃起時が+0.8cmになりました。

 

もともと効果が現れてくるのは
約3ヶ月後からと聞いていたので
私にとってはこれが大きな変化でした。

 

ネットの一部口コミにあるように+10cmなんていうのはまだ程遠いですけどね。
信じてもうちょっと続けてみようと思います。