肝心なのは体質

国産であることをアピールした増大サプリは
ゼファルリンやベクノール、アシスロイドなど
いくつかあるのですが、何故国産だといいのでしょうか?

 

一つにはTPPと同じく「国産=安全」という概念が
人々に先入観としてあるからだと思います。

 

とはいえトランス脂肪酸やチャンピックスのように
海外では危険とされている成分が
日本では普通に使える、なんて例もあり
一概に国産=安全とは言い切れません

 

まあジスペリンとかエルゲインとか
いかにもなやつよりは安全そうではありますが、
だからといって「国産だし副作用はないだろう」
などと安易に考えてしまうと痛い目にあうので注意。

 

しかし裏を返せば、皆副作用が怖いということでしょうね。
でも基本的に用法用量を守っていれば
国産のサプリは副作用はまず起きません

 

国産の薬の場合副作用がおこらないのを
最優先事項として作っていますからね。
(逆に海外だととにかく成分てんこ盛り)
そういう意味では確かに国産=安全、かもしれません。

 

ただそれ以上に大事なのは
国産=日本人の体質に合わせている
ということだと思います。

 

海外製のサプリで効かない人が多いのは
成分てんこ盛りでも吸収できなかったり
体が受け付けなかったりするから。

 

その点日本人の体質にあわせて開発された増大サプリであれば
再現性が高いといえると思います。