過去の払拭

Pのサイズを大きくするためには、まず性行為で快楽を得なければならないのは
冒頭で「なぜゼファルリンにトリプトファンが入っているのか」で説明したとおり。

 

で、ここで問題なのは、Pサイズを気にしている人の多くが
自分の性行為に対しても自信が持てていないという事実。
これでは潜在意識のレベルで快楽を得ることができず
せっかくのトリプトファンも十分効果を発揮できません。

 

そこで「自分のサイズが小さいから上手く性交できない」
という思い込みをまずは払拭しなければなりません。

 

 

例えば、逆を考えてみましょう。
女性はよくバストサイズを気にしてバストアップできるプエラリアや
寄せて上げるブラなんかを買い求めますが、男性側から見て
巨乳であるから付き合いたい、って思いますか?

 

勿論巨乳フェチの方もいらっしゃるとは思うんですけど、
少なくとも大多数の方が胸のサイズなんて二の次だと思います。
大きければないよりはマシ、程度じゃないでしょうか。

 

それを男性に当てはめてみたらどうでしょう?
「Pのサイズが小さいから相手が満足してくれない」って思いますか?
ヒルタワの宣伝してる某カリスマは指だけでいかせてますよ。

 

「私Pサイズが10センチ未満の人とは付き合えないの」
なんて女性と会ったことがありますか?
そんな外見だけで判断する女性は、こちらから願い下げです。

 

 

勿論風俗店でやりまくりたい、ヤリ目なら話は別ですけど
そういう人はそもそも短小とかで悩んでいないはず。

 

 

話がだいぶ本題から逸れてしまいましたが、大事なことは2つです。

 

■Pのサイズと相手の満足度は正比例しない。(テクニックでカバー可能)
■自分が思っている以上に、相手はPのサイズなんて気にしてない

 

となると…なんでP増大を目指しているのかわからなくなりますが、
男を磨くという自己満足、で良いのではないでしょうかw